練習ドリルとお悩み解消法「浮き編」-呼吸による浮きバランスの取り方(2)

ナチュラルスイミングのドリルに関して、よく受ける質問や悩みについての対処法を解説してくシリーズの2回目です。

line

1.呼吸による浮きバランスの取り方

②排気による沈みのドリル

(1)長座でプールの底に座る
(2)正座でプールの底に座る
(3)うつ伏せの姿勢で腹や胸を着けて沈む

<悩み>
1)一気に排気できない
「対処法」
ニュートラルポジションから両足を伸ばして踵をプールの底に着け
腹がへこむくらい鼻と口から一気に排気する
沈み始めても手足を動かさず排気を続ける

2)排気や息こらえが長く出来ない
「対処法」
 出来るだけ全身の力を抜いて呼吸に集中する
どのぐらいの時間、排気や息こらえが出来るかカウントしてみる

3)沈む動きを止めたり途中から浮いてしまう
「対処法」
尻や胸がプールの底に着くまで手足を動かさない
沈み切るまで背中を丸めたり頭を動かしたりしない

line

Comments are closed.